宅配便の代引きには

Posted by Under ショッピング, 生活 on 木曜日 Jan 31, 2013

今やネットでモノを買うことが普通になっている。20年ほど前は、ネットでクレジットカードの番号を入力するなんて危険すぎると思う人が多く、モノを買うにも商品が届いてからの後払いなんてことが多かった。そのため商品だけ送って支払いを無視するお客に泣いたお店も少なくなかったのでは・・ Read More

Comments Off on 宅配便の代引きには

ねかしつけ

Posted by user5068 Under 生活 on 木曜日 Jan 31, 2013

子供を寝かしつけるのに、絵本を毎日読んでやるのですが、そんなにたくさんは持っていないので、たまに図書館で、絵本をたくさん借りてきます。 Read More

Comments Off on ねかしつけ

大切にする気持ち

Posted by Under 健康 on 木曜日 Jan 31, 2013

水って水道の蛇口をひねれば普通に出てくるからそれが当たり前のように思ってきたけど、多分ほとんどの人がそういう認識だと思うけど、震災の時に、何が一番困ったかという話の中に、水がないことを言う人が多かったね。水というのは、もちろん飲料水から生活に必要な水までありとあらゆる場面で必要とされているけど、あまりにも身近に有り過ぎて水の有り難味ってほんと感じたことなかったよ。今の時代、不景気が長引くとはいえ、それでも恵まれている時代なんだろうね。だから、水に対しても生活の中から水がなくなるなんて正直考えられないよね。でも、その考えられないようなことがある日突然起るのも今の時代なんだよね。人間は、水がないと生きていけないということをもっと真面目に考えてみる必要があるし、もっと水を大切に大事にしないといけないよね。毎日の普段からの心がけから始めようと震災を通して自分の意識改革を始めた人は、たくさんいると思うよ。だから、水が安心安全であるように努力する必要もあるよね。アクアクララ 美味しい宅配水

Comments Off on 大切にする気持ち

あらたな漫画シーン

Posted by user7771 Under エンタメ on 木曜日 Jan 31, 2013

技術や完成度ではなく、スタイルの新しさ、そして多様性が求められる時代は、新たな作家主義の時代でもあったのだろう。スタイルも含めた「表現者」そのものがマスによって消費されていくシステムがやがて生まれていくことになるのだが、七〇年代後半に用意されたのは、手作りのミニメディア、中小出版によるマニア出版、インディーズレコードを背景にした、多様性と新たな才能を流布する動きだった。

Read More

Comments Off on あらたな漫画シーン

泉佐野

Posted by user2580 Under ビジネス on 木曜日 Jan 31, 2013

みどりは不動産業に転身してからはや半年が経とうとしていた。
前職は生命保険会社に勤めていた。保険会社を7年ほど勤めたのだが、
仕事自体に飽きてきたのとまだ若い自分はいろいろなことができると思って
思い切って転職したのである。なぜ、わざわざ緑不動産業を選んだのか?
実はみどりの父親は不動産業を経営しているのである。ある程度成功しており、
Read More

Comments Off on 泉佐野

半身浴

Posted by user5056 Under その他 on 木曜日 Jan 31, 2013

ここ1年で5㌔オーバーの自分。わかっちゃいるけどやめられないお酒と暴食。今週金曜日ものみの予定が入り、うれしいような悲しいような。。いやいや悲しくは決してない。食の楽しみはやはりなくては、生きてる意味がない。生きていてお楽しくないとも思える。よな中にはおいしいものやおいしい飲み物があふれている。だがやはりここは手遅れになりかけているが、ここで踏ん張れねば!ということで、久しぶりに半身浴してみた。水を持ち込み、浴室を暖房でガンガン暖かくし、たまにシャワーを出してミスト効果。浴槽に浸かり、浴槽の蓋を顔ぎりぎりまで占めた状態。テレビなど浴室にないので、雑誌を持ち込みひたすら汗が出てくるのをまつ。こんな小さいことで痩せるとは思わないが、少しでも何かしていないと落ち着かない。ぼっちゃりもいいじゃないか。と自分を励ますもいやいや納得いかない。納得してはダメだろう。。少しずつ自分のやれることをやろうと心に誓い。今夜の夕食を考えよう。骨盤サポートパンツ ダイエット

Comments Off on 半身浴

自分を助けてくれる転職

Posted by Under ビジネス on 木曜日 Jan 31, 2013

今資格の取得がとても人気らしいね。若い人はもちろん今現在どこかに勤めている人も資格を取るために学校などへ通っている人がたくさんいるらしいね。確かに、今の時代不景気がとても長く続いているから、今の会社がいつ倒産するか判らないものね。資格を取得する人も同じような考えだと思うけど、資格の取得を考えている人の理由も様々で、今の会社の先々を心配していざという時のために資格を取ろうという人から、もっといい条件のところへの転職を考えて資格の取得を考えている人、あるいは女性の場合だと、一生独身でいる場合を考えて、生活していける資格を取ろうとしている人まで様々な理由があるらしいね。資格を取る事はとてもいいことだとは思うよ。もう二度と景気のいい時代が来ない可能性もあるから、この不景気がずっと続くと仮定したら、やはり仕事の確保というのは絶対に必要だものね。景気が悪いからといって、ものが安くなるはずもなく、学費が安くなるはずもないから、結局は、自分の収入を上げることを考えないといけないものね。そういう時には、やはり転職に強い資格、仕事が常に見付けられる資格があるとないでは、人生がまるっきり違うものね。資格は自分を助けてくれるから、転職に強い資格がいいよね。ナース人材バンク

Comments Off on 自分を助けてくれる転職

カレーの日から蘇る学校給食の思い出

Posted by Under エンタメ on 水曜日 Jan 30, 2013

日本には色々な記念日がありますが、1月22日はカレーの日だそうです。
1982年に全国の小中学校の給食で一斉にカレーが出されたことが由来です。

当時、小学生でしたが給食のカレーは美味しくて大好きなメニューでした。
他にもクジラの唐揚げや、ソフト麺などが印象に残っています。
私の年代はほとんど食パンが出されており、米飯給食は段階的に実施されていました。
いつも冷たいパンなので、温かい白ご飯が給食に出された日は嬉しかったです。

当時の給食と比べると、現代の学校給食はバラエティ豊かな献立で美味しそうですね。
地産地消が推進され地元の特産品や名物もメニューに登場しますし、クリスマスにはケーキも登場します。
うちの子供たちはサバの味噌煮が特に美味しいと言っています。
魚が苦手な現代っ子も満足する美味しい給食は、家庭でも真似したいメニューばかりです。

最近は衛生面の問題で余ったパンを持ち帰ることができませんが、
数年前はパンを持って帰る事が出来たので、私がおやつに食べていました。

ある時、1年、4年、6年生の子供たちが、それぞれ給食のパンを持って帰りました。
丸いコッペパンでしたが学年でパンの大きさが微妙に違うので面白かったです。
子供の成長を考えて、パンの大きさまで配慮されているんだと感心しました。

中学生の末っ子が学校給食を食べるのも、あと1年となります。
給食と自宅の夕飯のカレーが同じ日になり怒られたもの懐かしい思い出になるのでしょう。
バツイチ 恋愛

Comments Off on カレーの日から蘇る学校給食の思い出

老人の時間は長いの短いの

Posted by Under 生活, 趣味 on 水曜日 Jan 30, 2013

老人が自分の一日の時間をどんな風に感じているのかなって、台所で食器を洗っている時にふと気になりました。
自分の家に一人老人がいます。彼女は夫の母親です。姑と言うことになります。
平成に年号が変わる前年から同居し始めました。
とても社交的な性格で、家のことは一切せずに、ただただ習い事をしたり、知人友人の家を訪問したリ旅行したりしていました。家事が嫌いだし、何か自分で工夫をして物を作るとか読書をするとか、一切しないのです。同居前は会社で働いていましたから生活に困るという事もなかったし、現在でも彼女の収入は我々夫婦より多くあります。
でも、体調を崩してからは、外出もままならず、日がな一日、家で自室のTVの前に座りっぱなし。
彼女が自分のお洋服を着る、自分でお食事をする、日常の細々とした事をする様子を見ていると、実にスローモーションです。
しかし、其の事に恐らくは気がついていないのではと、そばにいて思うのです。朝起きてから午前に、何も考えず黙々と、ベッドの上のお布団を整え、コタツ周りも片付けています。デモ、気が付くと時は既に正午近くになっているわけです。
彼女は時間の経つ事が速いと思っているのでしょうか、それとも遅いと思っているのだろうか。
一般には理解しようと頭を使っているときには時間があっという間に過ぎていく。
何かしたいのだけれど、何だかダラダラとすごしている時は時間が長く感じられる。
85才になった姑の時間感覚は、どうなっているのだろうか。
一眼レフ 撮影方法

Comments Off on 老人の時間は長いの短いの

女性の仕事

Posted by Under ビジネス on 水曜日 Jan 30, 2013

既婚者への質問で、生まれ変わっても結婚したいかの質問に対して、ほとんどの人が独身がいいと言うらしいね。人それぞれいろんな理由があると思うけれど、女性の場合はとくに仕事をしたい人が独身を希望するみたいで、これは日本の雇用体制にも問題があって、再就職がとても難しいというか、専門職で働いている人が結婚を機に退職し、再度同じ職場や仕事を希望しても、まず希望が叶わないという現実も大きな原因となっているらしく、世の中には男性以上に有能な女性がたくさんいるにも関わらず、なかなか企業側の都合で希望の職をまっとうできない人がいかに多くいるかってことだよね。だから、中には結婚と仕事を両立できず、どちらかを諦める人が増え、結果独身を通す人もいるということだよね。でも、別の見方をすれば、一生できる仕事を持っているというのは財産だしとても素晴らしいことではあるよね。日本の場合は、男性が主導権を持つというか男性が主体の雇用体制が多いから、尚更女性がやりにくい状況があるよね。キャリアブレイン 看護師転職

Comments Off on 女性の仕事