生体にある物質(生体物質)はカルシウムなど無機物を除くと、糖、蛋白質、脂質または複合体です。
グルコサミンはブドウ糖、ヒアルロン酸は澱粉、コンドロイチンは乳糖が基本構造です。経口摂取で体内に入った親水性の物質は、胃酸に強い物質の場合、消化、吸収されてから肝臓に行き、肝臓に直ぐに取り込まれなかった分は一定時間血中にとどまります。ちなみに胃は糖を吸収しませんが、小腸から単糖だけは吸収されます。
グルコサミンは、消化されずに吸収されます。ヒアルロン酸は消化されますが消化すると多糖ではなくなります。コンドロイチンは乳糖分解酵素が無い人または少ない人では消化されずに体外に排出されます。
グルコサミンは、血糖を増加させる可能性はありますがブドウ糖と同じ程度です。ヒアルロン酸は大量に取ると水溶性食物繊維を大量に摂取したのと同じような消化器症状(下痢など)が出る可能性があります。
コンドロイチンは、牛乳を摂取したのと同じですので乳糖不耐症の人では消化器症状が出る 可能性があります。三者ともに経口から少量摂取しても無害と考えて問題ありません。
世田谷自然食品【グルコサミン+コンドロイチン】は、高齢や関節痛で悩む方の味方!!!