見直されているガラケー

Posted by on 木曜日 Feb 27, 2014 Under エンタメ, ニュース

今は、新機種の90%以上がスマートフォンというほどに、スマートフォンに注目が集まる中、従来型の携帯電話が見直されています。
世界標準と違う独自の進化を遂げた「ガラパゴス携帯(通称ガラケー)」と揶揄され、肩身の狭い思いをしてきたが、使い勝手の良さや料金の安さから根強い人気があり、携帯大手の三社からは揃って新機種が発売された。

ディズニーやアイカツのなどとのコラボもあったが。
ガラケーがユーザーに指示される理由のひとつは料金の安さが上げられる。調査会社によると、スマホではデータ通信料金などを通話料と合わせると月額6~7千円になる標準的な料金が、従来型のガラケーだと半額程度の月額3~4千円で済むといいます。使いやすさも魅力で、利用者からは「通話や待ち受けの時間がスマホより圧倒的に長く電池が持つ」「ボタン操作でミスが少ない」などの声が上がっている。コストを抑えたい法人の需要も大きい。NTTドコモは、昨年9月末の総契約数約6177万件のうち、ほぼ半数が従来型である。
アイカツ 無料 動画 お試し いつでもどこでも 端末