バストアップの方法

Posted by on 月曜日 Sep 15, 2014 Under 健康, 美容

女性の象徴ともいえるバストは、誰しもが多少なりともお悩みを抱えているのではないでしょうか。まずは一人で悩まず、カウンセリングで悩みを打ち明けてみましょう。きっと理想のバストを手に入れられるはずです。
■人口乳腺法
最も一般的な豊胸術が、人工の豊胸バッグを胸に挿入する整形手術です。挿入するバッグには、生理食塩水・シリコン・コヒーシブなどがあります。現在主流なのは、ソフトコヒーシブバッグです。人工臓器などにも使用される薄いシリコン製のバッグに安全性の高い寒天状のシリコンが入っているもので、これまでのバッグの短所を改良し、安全性を高くしたもので、バッグが破損した場合でも内容物が漏れ出してしまうこともありません。
■脂肪注入法
脂肪が気になる部位の脂肪を吸引し、それをバストに注入する方法が、脂肪注入法です。バストアップ効果を得られるだけでなく、同時に痩身効果を得られるため、理想的なボディラインを叶えることができます。
個人差もありますが、術後1ヶ月程度でバストの形が安定するでしょう。吸収されてしまう脂肪もあるため、2カップ以上アップさせたいという方よりも、一回 り大きくしたい、という方に向いています。
■ヒアルロン酸注入法
メスを使わずに、ヒアルロン酸を注入して豊胸にします。有効成分を注入して行う豊胸術は、一般的に「プチ豊胸」と呼ばれ、メスを使うこに抵抗がある方や、まずは短期的に胸を大きくしたいという方に向いている方法です。
ヒアルロン酸は皮膚や体内にもともと存在している成分ですので、安全性が高く、アレルギーや副作用などの心配も極めて少ないといえます。持続期間はヒアルロン酸の種類によって異なりますが、一般的には半年~2年程度です。
ヒルズタワークリニック