レーザー脱毛は少し刺激が強い!

Posted by user29220 on 土曜日 Jun 13, 2015 Under 美容

レーザーを利用して脱毛する場合、脱毛してほしい所に照射を受けて、ムダ毛のもととなる組織を壊してしまう方法です。光脱毛に比べたらずっと破壊する力が強いせいで、肌にとっては負担になり、強い痛みを感じることも多いです。法律上、医師の指導下でないとできないことになっていますが、家庭使用が可能なレーザー脱毛器も市場に出回っています。頭がぼんやりとした状態で光脱毛を実施するといつもより強い痛みを感じることがあるでしょう。

そういった場合には、光のレベルを下げてもらうか、または、帰宅後のお手入れをしっかりと行わないと、何らかの影響が肌に出てきてしまうでしょう。

光脱毛は忙しい時でも行いやすいため、調子が悪かったとしても、せっかく入れた予約を無駄にしたくないと思いがちですが、キャンセルした方が利口です。家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなることがあります。常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにすると赤みもひいてきます。このように赤くなるのは皮膚の炎症によるものなので、清潔にした患部をよく冷やすことです。

冷やしても炎症が良くならないときは、皮膚科を受診しましょう。化膿したり、乾燥してひび割れてきたり、悪化してきた場合は、放っておかず、専門家の適切な治療を受けるようにしましょう。

■参考サイト
キレイモ 大阪